男系男子護持へ 今こそ戦後レジームから脱却せよ 女系は論外

  昭和22(1947)年10月、GHQ他による強制措置によって、十一宮家の方々が臣籍降下を余儀なくされ、皇籍を離脱された。理不尽なこの措置を受け入れた日本の65年という歳月が経過した。国家として無為無策のまま流されてきたのであり、まさに「 打破すべき 戦後レジーム 」 が続いたのである。   

  日本が眞の独立国家として再生するための一つのステップとして、皇籍離脱された旧宮家の方々に皇族復帰をしていただくことが重要である。皇位継承有資格の方々を増やしていかねばならない。現在男系の男子孫をお持ちである四家に皇族への復帰をお願いし、宮家を再興していただくことが喫緊の課題である。
 占領後遺症を克服し、GHQ体制の延長たる  広義の戦後レジーム  から脱却するためにも、政府をして一刻も早く、この異常な強制措置を撤回させねばならない。


  -男系男子護持か女系容認かという闘い-
  いま、男系男子護持か女系容認かという皇位継承論が闘わされている。眞正保守かリベラル左翼かという闘いでもある。
  GHQ支配に始まる戦後レジームから脱却し、日本の古き良き伝統を守って、眞の意味での独立国家日本を構築できるのか、レジームに固執して、人権、平等、民主などの“戦後民主主義”を標榜し、女系天皇容認から“天皇制”消滅を目指すのかという闘いである。
  国家としてどちらをとるべきか、どちらが日本という国に適ったものであるか、答えは明らかであり、議論の余地は全くなかろう。

続きを読む "男系男子護持へ 今こそ戦後レジームから脱却せよ 女系は論外"

|

男系男子以外にはない皇位継承

  日本の建国記念日は2月11日である。
  『 古事記 』や 『 日本書紀 』 には、国生みの神話などに続いて初代
天皇である神武天皇即位の状況が記述されている。この建国神話に由来して、神武天皇が即位したとされる日、辛酉年春正月庚辰朔 (2月11日、旧暦の1月1日) を建国記念日と定めている。
  また、国民の祝日に関する法律(祝日法)では、建国記念の日の趣旨について「建国をしのび、国を愛する心を養う」 ということが明確に規定されている。

  日本の皇位は神武天皇以来百二十五代にわたり、男系による唯一つの血統によって継承されてきた。
 
現代まで二千余年間、途絶えることなく連綿と続いてきた 萬世一系の皇統 。 これが我が国の誇りであり、わが皇室のゆるぎなき伝統である。
  人類史に例を見ない歴史と伝統、それは建国以来、「不文の大法」 として続いてきたのであった

  男系という唯一の原則による皇位継承、このことにより天皇は特別の存在として、畏敬されてきた。これが日本の国柄であり、日本の日本国たる故なのである。

  伝統というものは
なぜ必要なのか。理由はない。 伝統とは守ること自体に意義があるのだ。 守るべきその伝統とは、男系で皇位が受け継がれてきた歴史的事実そのものである。
  皇位が男系であるべき特別な理由など何処にもない。ひとつの男系血統で繋がれてきた皇統という史実があるのみである。理由や理屈を大きく超えたところにある男系という伝統。それが男系の皇統という重い不文の大法として存在し続けてきたのである。
 

続きを読む "男系男子以外にはない皇位継承"

|

女性宮家創設で皇統断絶へ- 園部逸夫氏の策謀

  野田内閣は “皇室制度に高い識見を有する” との理由で、園部逸夫氏を内閣官房参与に起用した。園部氏が起用された事実やその理由について、ほとんどの国民は特別な関心もなく、何の疑いも抱いていないであろう。
  しかし、園部氏は男系男子の皇籍復帰を拒絶し女系天皇に固執している人物であり、皇統断絶を画策していると思われている人だ。“皇室制度に高い識見を有する”公正な人物であるとは、とうてい考えられない。

  明日の2月から、園部氏が中心になって宮内庁や竹歳官房副長官などにより、女性宮家創設についての有識者聞き取りが始められ、皇室典範改正の素案がまとめられるという。
  これの意味するところは、重大である。皇室の安泰という面で危険な女性・女系天皇容認の方向に向かうということだ。聞き取りの対象者は発表されていないが、園部氏の主導である限り、改正素案の内容は決まったも同然である。前回の 「皇室典範に関する有識者会議」 の時と全く同じような 「やらせ」 となるであろう。形を作るだけの聞き取りの儀式が行なわれるということである。
  その案を、野田首相と内閣首脳がどこまで正しい方向に政治的に戻せるかだが、期待は全くできない。国会もいまの与野党の勢力状態では、「女性宮家」 の危険性が理解されないまま、改正案が通ってしまう可能性がある。園部氏や民主党政権左翼の策略通りの典範改悪となることが十分に考えられる。

続きを読む "女性宮家創設で皇統断絶へ- 園部逸夫氏の策謀"

|

国旗・国歌起立斉唱-大阪府と市の条例推進は当然だ

  日本では当たり前のことが普通に行われないというおかしな悪弊が今だにある。
  国旗に敬意を表し、起立して国歌を斉唱する。国際社会のこんな常識が通じない国は、世界で日本をおいてほかにはない。起立せずに式を混乱させる教師らの例が後を絶たない。国旗国歌の強制はだめだと意地を張る勢力がまだいるのは恥ずかしい限りだ。
  思想良心の自由だと主張して、児童生徒の前で“空元気”でも見せたいのであろう、その虚勢は悲壮であり、哀れですらある。教育上の悪影響ははかり知れない。こういう悪質な行為は強制的に直していくしかないのである。

続きを読む "国旗・国歌起立斉唱-大阪府と市の条例推進は当然だ"

|

皇室に敬意なき民主党が女系天皇容認へと動く

  皇室への敬意を著しく欠く民主党が 「 女性宮家 」 創設のため皇室典範の改正に手を付けようとしていることに、大いなる危惧をいだく。

  天皇陛下を 畏れ多くも 伊勢の「 特殊法人 」に追いやって、“天皇制”を廃止する。皇居をセントラルパークにして、「 アジア平和記念館 」 をつくり、アジアの留学生を呼ぶ。こんなことを大真面目にうそぶいてきた民主党の議員がいる。日米安保条約を破棄し、日本国憲法は1条から8条までをやめ、9条から始めるべきだとも主張する。
 こんな狂気じみたことでも叫ばないと、世間から相手にされないと思ったのであろうが、
馬鹿馬鹿しくて、とりあげる気にもならない話だ。強がって見せたのは、ピースボートの辻本清美という、某過激派集団にもつながっているといわれている女性である。去年まで社民党にいた反日的な目立ちたがり屋だ。

続きを読む "皇室に敬意なき民主党が女系天皇容認へと動く"

|

男系男子の皇籍復帰で悠仁さまを支えよ 女性宮家は万策後に

 旧皇族の男系男子全員に皇籍復帰していただくことで、皇位継承有資格者の数を増やし、悠仁さまをお支えする。これが日本にとって喫緊の課題である。

 日本の日本国たる所以は何であろう。人類史に例を見ない萬世一系の皇統ではないだろうか。皇統は天照大御神の神話にまでさかのぼる。神代から古代、中世そして近世、さらには現代まで二千年間、乱れることなく連綿と続いてきた皇統の根源とは何であったか。
 男系という唯一の原則による皇位継承をおいてほかにはなかった。比類なき百二十五代の歴史と伝統。このことにより天皇は特別の存在として、畏敬されてきた。これこそ日本の日本国たる故(ゆゑ)なのである。
 しかし今日、この男系による皇位継承の大原則に危機が迫ろうとしている。

続きを読む "男系男子の皇籍復帰で悠仁さまを支えよ 女性宮家は万策後に"

|

名取市の津波の爪跡とヘドロ環境改善の実験

3月11日、東日本大震災で津波が宮城県名取市を直撃した。
濁流に飲み込まれた被災地は、4ヶ月経ったいまもまだ復興していない。 津波の爪跡が生々しく残るその名取市を訪れた。

ヘドロ堆積物を処理して環境改善・緑化を目指す実験を見学するためである。 ヘドロなどの堆積物や産業廃棄物をリサイクル処理し緑化を目指す実験や調査が各所で行われている。名取市で行われた実験はその一つであった。

被害の最もひどかった閖上(ゆりあげ)地区は立ち入り禁止となっており、今回入ることはできなかった。 しかし禁止地区でないところでも、その爪跡は凄まじく、大量のガレキやヘドロが手付かずのまま放置されている光景が痛々しかった。

名取市には、滑走路が水没し機能停止となった仙台空港もある。直後に数百人の遺体が発見された仙台市若林区の南に位置しており、名取市沿岸部では津波から逃げ遅れたとみられる人の遺体が多数発見されたという。 7月27日現在の名取市の記録では、津波による死者行方不明者は、亡くなった人911名、行方不明者109名、合計1020名である。

亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りするとともに、今も不明の方々のご無事を祈らずにはいられない。

続きを読む "名取市の津波の爪跡とヘドロ環境改善の実験"

|

国旗・国歌の起立斉唱は強制とすべきだ

全国初の「君が代起立条例」がきょう3日夜、大阪府議会本会議で可決成立した。維新の会(代表・橋本徹知事)提案で、市町村立を含む府内公立学校の教職員に対し、国歌斉唱時の起立を義務づける内容である。府施設での国旗の常時掲揚も義務づけた。

「 ほたるの光 窓の雪 」や 「 仰げば尊し 我が師の恩 」 は日本人の心に深く刻まれている感動の歌だ。一生の思い出となる厳粛な卒業式で、誰もがこれを唱い学窓を巣立っていく。同時に、節目の卒業式の象徴となるのが、国旗に向って起立し国歌を斉唱するあの瞬間であろう。

ところがその時、起立もせず斉唱もしない教師が一部に見られるのはまことに残念なことだ。意地を張って座ったままふて腐れる教師の姿は、純真な児童生徒の目にどう映るのであろうか。希望に胸をふくらませ、未来に向って大きく飛び立とうとする児童生徒たちの目の前である。純粋な若い心への悪影響は計り知れないものがあろう。その場の保護者や来賓の目にも、大多数のまともな教師の目にも、その異様さは尋常ではないはずだ。

わが国は国旗や国歌に対する国民の反応が極めて特異な、世界にも例のない不思議な国となっている。入学式や卒業式の国歌斉唱時に教職員が気勢をあげる、校長に土下座を求める、国旗を引きずり下ろすなど、信じられないような国旗と国歌への執拗で陰湿な妨害行為がずっと行なわれてきた。国旗掲揚・国歌斉唱は教育現場でなかなか正常化できない長年の懸案であった。

国旗・国歌をめぐる訴訟は、東京だけで24件、係争中の教職員は述べ約740人に上るという。全国では元教職員ら延べ約960人が31件の裁判を係争中ということだ。
今回、最高裁が起立命令の正当性を憲法上認めたことで、やっと「憲法論争」が決着する方向となり、大多数の国民がほっと胸をなでおろしたことであろう。

続きを読む "国旗・国歌の起立斉唱は強制とすべきだ"

|

原発放射能 日本には一般人の被ばくを規定する法律がない

-放射線被ばく許容値の引き上げ勧告-
国際放射線防護委員会( ICRP )が福島原発事故の現実を見て、一般人に対する事故時の許容被ばく線量を、通常時への適用に引き上げるという、より現実的な勧告をしてきた。国も重い腰をあげ、規制値の見直し、基準値整備の動きを始めざるを得ないであろう。 

日本には一般人の放射線被ばくに対する、国としての確固たる基準値がない。放射線従事者に対する被ばく線量の規制値はあるが、一般大衆の被ばくを直接的に規定する法律がないのである。国全体が放射線で混乱している原因がここにある。 放射線測定値が発表されるたびに、国は健康上問題はないなどと曖昧に説明しているが、これでは混乱状態に陥らない方がおかしいというものだ。

国際放射線防護委員会(ICRP)が出している一般人の通常時及び事故時の被ばく線量勧告値を、これまで我が国も受け入れてきた。しかし一般人の被ばくを直接規定する統一した国の基準値ができておらず、その都度、1mSv/年、20mSv/年、30mSv/年、20~100mSv/年などと曖昧なまま使い分けされてきた。

混乱状態を憂慮した ICRPは 3/21に、これまでの勧告値である事故時の上限値 100mSv/年 を一般人の基準値として使用するように促す、新たな声明を発表した。  しかし、これに対しても我が国はまだ明確な対応を示していない。国民のための行政不在というべきであり、一般人の放射線被ばくに対する国の基準を整備することが焦眉の急となっている。

続きを読む "原発放射能 日本には一般人の被ばくを規定する法律がない"

|

福島原発放射能 規制値と健康安全値の桁違い差が混乱のもと

- 過剰な規制値が風評被害を誘発し、社会を混乱
   させ、日本の悪評を世界に撒き散らす
-

日本では現在、放射線の危険度を議論する時 「
健康に影響する限度 すなわち健康安全値 」 と 「 規制値 」 が、残念ながら混同されており、あたかも 「 規制値 = 健康安全値 」 であるかのように考えている人がほとんどであると云える。
これによって社会が大変な混乱状態に陥っており、この現実はたいへん危惧されるものだ。

規制値とは放射線管理を適正に行うための管理目標となるべきものであるが、この管理目標が健康安全値とは桁違いに小さく
設定されていることに問題があると考えられる。「規制値」なるものが日本人特有の 「 過剰な管理目標値 」 になってしまっており、その結果、適正で公平な管理がなされていない実態を我々は重く見なければならない。

ここで、「 健康に影響する限度 」 を 「 健康安全値 」 と統一して呼ぶことにする。

続きを読む "福島原発放射能 規制値と健康安全値の桁違い差が混乱のもと"

|