« 2012年4月 | トップページ | 2012年10月 »

「石破総理」で日本の誇りは大丈夫か -- 自民総裁選(2)

  きょう午後に自民党の新しい総裁が誕生する。今回の総裁選では党員に人気がある石破茂氏が全国的に支持を広げており最有力と予想されている。石破氏にとって一番の追い風は、このところの周辺国との領土摩擦であろう。 最有力候補である石破氏には、大いなる期待と大いなる懸念が交錯する。

  世論調査では、石破氏の領土問題打開に期待する声が圧倒的に多い。いま国難を考えるとき必要なのは防衛への正しい見識である、国防意識を喚起できるのは石破氏しかいない、氏なら中国や韓国に毅然と対応できる などがその主な理由である。

  石破氏は自民党きっての防衛政策通として知られている。街頭演説においても、集団的自衛権行使の容認、領土領海法の整備、海兵隊創設、海自陸自の北海道展開能力増強、北方四島返還など、
歯切れのよい施策を打ち出している。いずれも日本が取り組むべき重要問題ばかりである。国土を守り国民の生命をしっかりと守るためにも、言うだけに終わらず是非断行してもらいたい。石破氏に期待するところ大なる理由がここにある。

  石破氏について世間では、タカ派で自民党を代表する保守派政治家だと見るむきが多い。しかし実は、氏は歴史認識において元々左翼リベラルであるといえよう。主張には社民党や共産党など左翼的な政党と驚くほど同じところがある。歴史認識ではむしろ左翼だというのが、氏の本質ではないか。

 

  中国は、このところ急に歴史問題とからめて尖閣諸島の領有権を主張し対日批判を繰り広げるようになってきた。従来も日本への圧力として 「歴史カード」 を切ることが多かった。また韓国は国中が歴史問題で溢れており、日本に対して“歴史狂乱状態”にある。石破氏がトップリーダーになった場合に抱える問題はまさにこの歴史認識の問題であろう。

  中国には謝罪せよ、先の大戦は侵略戦争であったと主張し、慰安婦への軍の関与もあったと主張する石破氏が、領土問題での中韓からの歴史攻勢に毅然とものがいえるのか、懸念せざるを得ないのである。

  これまでの経緯が示す如く、中国韓国への謝罪にはとどまるところがない。謝罪すればするほど要求がエスカレートしていく。この悪循環を断ち切るには、正しい歴史事実を国際社会に向かって断固主張し続けていくしか方法はないのだ。中韓は石破氏の歴史認識と領土防衛強硬論との矛盾点を突き、繰り返し執拗に攻めて来るに違いない。石破氏は前言を修正するのか、日本の誇りをどう保ち処理するのか、大いなる懸念がある。

続きを読む "「石破総理」で日本の誇りは大丈夫か -- 自民総裁選(2)"

|

国家観見えぬ「石原伸晃総理」で国は救われるかー自民総裁選(1)

  日本の最高指導者に求められる最も大切なものとは何であろう。 国民の安全と生存のために、日本をどのような国にすべきかというしっかりした哲学と構想を持ち、その哲学・構想に向かって国全体を強力に引っ張っていく リーダーシップではないだろうか。
  国家観や歴史観ともいえるものであり、国の繁栄、国民の幸福実現のための国策の基本となるものである。 最高指導者に求められるものとは、まさにこの哲学・構想であり国家観であろう。

 この構想を実現するには、指導者としての人格と識見、確固たる信念、強靭な意志、そして統率力と実行力が必要なことはいうまでもあるまい。
  戦後の歴代内閣総理大臣や政党党首の中にも、そういう哲学や国家ビジョンを持った指導者が少なからずいた。 残念ながらそれを実現するためのなにかが欠けていて、志なかばで退場してしまった指導者は非常に多い。


  今回の自民党総裁選の候補者をみると、このような指導者像にぴったりする理想的な政治家はなかなか見当たらないようだ。
  そのなかで有力候補の一人とみられるのが石原伸晃幹事長であるが、伸晃氏には指導者としての国家観が見えないという懸念がある。これまでの氏の言動には哲学や構想を感じさせるような重みがなかった。したがって伸晃氏が確固とした国家ビジョンや信念、哲学を持った政治家であるとは、思えないのである。

続きを読む "国家観見えぬ「石原伸晃総理」で国は救われるかー自民総裁選(1)"

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年10月 »