« 2012年3月 | トップページ | 2012年9月 »

沖ノ鳥島 日本最南端の島周辺の大陸棚を防衛せよ

  ≪ 沖ノ鳥島を基点とする南側海域
       の大陸棚も再申請すべきだ  ≫
  日本は国連の大陸棚限界委員会に対して、太平洋の7海域につき大陸棚申請を行っていた。このうち沖ノ鳥島を基点とする2海域について、中国と韓国は排他的経済水域(EEZ)を設定できない 「岩」 だと主張する口上書を同委員会に提出していた。
  今回の
委員会審査で、同島を基点とする北側の海域については、これを認める勧告が出されたが、南側の「九州パラオ海嶺南部海域」に対する勧告は先送りとされた。
  これについて関係者は、中韓の反発に配慮した可能性を指摘しており、別の政府関係者は 「周辺国との兼ね合いもあり、今後の勧告の取り扱いは高度な政治判断になるだろう」 と話したと報道されている。

  しかし、国連の大陸棚限界委員会の勧告には拘束力があり、同委員会が一旦出した勧告は重いものであって、結論がひっくり返ることはないはずだ。
  日本は、南側海域の大陸棚についても再申請を行い、当初の方針通りの主張を続けるべきである。そしてなによりも、沖の鳥島南側海域の海底資源の探査を急ぐべきであろう。


  ≪ 国連機関は、沖ノ鳥島を事実上、
       島と認めた  ≫

  4月27日、国連の大陸棚限界委員会が日本最南端の沖ノ鳥島の北方など4海域約31万平方キロメートルを日本の大陸棚として新たに認める勧告を採択した。日本の大陸棚延伸申請から3年半を経て認められたものであり、拘束力をもつ勧告となる。
  レアメタルやメタンハイドレートなどの採掘権を主張できる範囲が大幅に広がるとともに、沖ノ鳥島が国連機関から事実上、島と認定された内容だといえる。
  日本の海洋権益拡大に向けて大きな一歩となったことを意味するものであり、その意義は大きい。

  ≪ 中国は国連機関の日本への
        勧告を無視する魂胆である  ≫

  一方、中国外務省の報道局参事官は29日までに、沖ノ鳥島が日本の大陸棚の基点として国連から認められたことに対し、「 国際的には日本の主張は支持されていない」 と反論する談話を出し、同島が 「 「島」ではなく 「岩」にすぎないという中国の立場は一貫している 」 と強調、沖ノ鳥島は排他的経済水域や大陸棚設定の基点にはならないとの見方を示した。国連機関の勧告をも無視する意図を示しており、無法そのものということができよう。

  ≪ 政府は中国に反論し、大陸棚防衛
       の国家意志を表明せよ  ≫

  官房長官と外相そして外務省首脳は、安閑としないで、国連機関の勧告に対する日本政府としての歓迎意向を発信し、中国の反論に迅速に反論しなければならない。 領海や排他的経済水域、大陸棚に対する国家としての防衛の意志をすぐに表明すべきである。
  中国外務省が、国連の勧告に抗して、沖ノ鳥島は「島」ではなく 「岩」 だとする従来の主張をあらためて強弁したのだ
。こうした場合、日本政府とくに外務省は、ぼんやりと放置しないで中国の主張を即刻否定すべきである。
  相手は侵略の意図を隠さない強奪国家である。領海・排他的経済水域・大陸棚の侵略を企んでいることは間違いない。国連機関の勧告も無視する、まさに国際社会の無法者たらんとしているのだ。こういう無法を決して許すことがあってはならない。

続きを読む "沖ノ鳥島 日本最南端の島周辺の大陸棚を防衛せよ"

|

【尖閣諸島買い取り】 国を挙げて応援しよう 〈 石原都知事の表明 〉

  尖閣諸島は「日本の領土」であって、「領土問題」は存在しない。「尖閣を買い取る」とは、島の所有権を日本人から日本法人へ移転させるということであるから、言うまでもなく純然たる国内問題である。中国がどう喚こうが全く関係ないことである。移転先が国であろうと東京都や石垣市であろうと、同じことだ。

  こういうあたりまえのことを実現するためにも、先ず、土地の所有権が個人から法人(東京都など)に円滑に移転できるように、日本国内での作業を静かに淡々と進めることが重要である。都議会の審議も、国民による寄付運動なども粛々とやれば良い。

  中国や国内の左翼は騒ぐだろうが、毅然として放置し黙殺すれば良いだろう。左翼が騒いで都による買い取りを妨害するのであれば、それは前代未聞の「売国行為」ということになる。正当な領土保全活動を妨害するのであり、罪は重いと考える。
  国民は、誰が、いずれの党派が、どの新聞が「売国行為」をやるのか、よくウォッチし公にして、誤りを改めさせるしっかりとした対応をすることが大切である。


  石原慎太郎東京都知事が、訪米中の17日、ワシントンで尖閣諸島を東京都が買い上げると表明した。

  尖閣諸島の日本の実効支配を壊すため、中国が過激で挑発的な威嚇活動を始めた。幾度となく領海侵犯が繰り返されている。本当は国家が買い上げて尖閣を守るべきであるがそういう気配は一向になく、島の地権者に嫌われている民主党政権では、これは出来そうにもない。
 ここに石原知事が立ち上がって東京都で買い上げる動きに打って出た。知事は 「東京が尖閣を守る」 と強調した。その言動は至極もっともであり、全く文句のつけようがない。感動的ですらある。都の買い取り計画に全面的に賛同するものである。


   
≪ 太平の眠りを醒ました石原都知事 ≫
 国民は今、無意味な政局にうんざりしており、外交安全保障・領土問題に至っては、政府は冬眠中だ。事を荒立てたくない外務省も北京のご機嫌をとるばかりである。
  石原都知事の発言は、まさにこの時、太平の眠りを醒ます痛烈な覚醒剤となった。首相、官房長官、外相を始め政府首脳の狼狽ぶりは目を覆うばかりであった。国で買い上げもあり得るとの考えを、
あわててしゃべり始めたが、醜態であり「 何を今さら! 」 というしかなかろう。首脳陣のあたふたとした言い訳が、受けた衝撃の大きさを示している。

続きを読む "【尖閣諸島買い取り】 国を挙げて応援しよう 〈 石原都知事の表明 〉"

|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年9月 »