« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

男系男子護持へ 今こそ戦後レジームから脱却せよ 女系は論外

  昭和22(1947)年10月、GHQ他による強制措置によって、十一宮家の方々が臣籍降下を余儀なくされ、皇籍を離脱された。理不尽なこの措置を受け入れた日本の65年という歳月が経過した。国家として無為無策のまま流されてきたのであり、まさに「 打破すべき 戦後レジーム 」 が続いたのである。   

  日本が眞の独立国家として再生するための一つのステップとして、皇籍離脱された旧宮家の方々に皇族復帰をしていただくことが重要である。皇位継承有資格の方々を増やしていかねばならない。現在男系の男子孫をお持ちである四家に皇族への復帰をお願いし、宮家を再興していただくことが喫緊の課題である。
 占領後遺症を克服し、GHQ体制の延長たる  広義の戦後レジーム  から脱却するためにも、政府をして一刻も早く、この異常な強制措置を撤回させねばならない。


  -男系男子護持か女系容認かという闘い-
  いま、男系男子護持か女系容認かという皇位継承論が闘わされている。眞正保守かリベラル左翼かという闘いでもある。
  GHQ支配に始まる戦後レジームから脱却し、日本の古き良き伝統を守って、眞の意味での独立国家日本を構築できるのか、レジームに固執して、人権、平等、民主などの“戦後民主主義”を標榜し、女系天皇容認から“天皇制”消滅を目指すのかという闘いである。
  国家としてどちらをとるべきか、どちらが日本という国に適ったものであるか、答えは明らかであり、議論の余地は全くなかろう。

続きを読む "男系男子護持へ 今こそ戦後レジームから脱却せよ 女系は論外"

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »