« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

男系男子以外にはない皇位継承

  日本の建国記念日は2月11日である。
  『 古事記 』や 『 日本書紀 』 には、国生みの神話などに続いて初代
天皇である神武天皇即位の状況が記述されている。この建国神話に由来して、神武天皇が即位したとされる日、辛酉年春正月庚辰朔 (2月11日、旧暦の1月1日) を建国記念日と定めている。
  また、国民の祝日に関する法律(祝日法)では、建国記念の日の趣旨について「建国をしのび、国を愛する心を養う」 ということが明確に規定されている。

  日本の皇位は神武天皇以来百二十五代にわたり、男系による唯一つの血統によって継承されてきた。
 
現代まで二千余年間、途絶えることなく連綿と続いてきた 萬世一系の皇統 。 これが我が国の誇りであり、わが皇室のゆるぎなき伝統である。
  人類史に例を見ない歴史と伝統、それは建国以来、「不文の大法」 として続いてきたのであった

  男系という唯一の原則による皇位継承、このことにより天皇は特別の存在として、畏敬されてきた。これが日本の国柄であり、日本の日本国たる故なのである。

  伝統というものは
なぜ必要なのか。理由はない。 伝統とは守ること自体に意義があるのだ。 守るべきその伝統とは、男系で皇位が受け継がれてきた歴史的事実そのものである。
  皇位が男系であるべき特別な理由など何処にもない。ひとつの男系血統で繋がれてきた皇統という史実があるのみである。理由や理屈を大きく超えたところにある男系という伝統。それが男系の皇統という重い不文の大法として存在し続けてきたのである。
 

続きを読む "男系男子以外にはない皇位継承"

|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »