« 国旗・国歌起立斉唱-大阪府と市の条例推進は当然だ | トップページ | 男系男子以外にはない皇位継承 »

女性宮家創設で皇統断絶へ- 園部逸夫氏の策謀

  野田内閣は “皇室制度に高い識見を有する” との理由で、園部逸夫氏を内閣官房参与に起用した。園部氏が起用された事実やその理由について、ほとんどの国民は特別な関心もなく、何の疑いも抱いていないであろう。
  しかし、園部氏は男系男子の皇籍復帰を拒絶し女系天皇に固執している人物であり、皇統断絶を画策していると思われている人だ。“皇室制度に高い識見を有する”公正な人物であるとは、とうてい考えられない。

  明日の2月から、園部氏が中心になって宮内庁や竹歳官房副長官などにより、女性宮家創設についての有識者聞き取りが始められ、皇室典範改正の素案がまとめられるという。
  これの意味するところは、重大である。皇室の安泰という面で危険な女性・女系天皇容認の方向に向かうということだ。聞き取りの対象者は発表されていないが、園部氏の主導である限り、改正素案の内容は決まったも同然である。前回の 「皇室典範に関する有識者会議」 の時と全く同じような 「やらせ」 となるであろう。形を作るだけの聞き取りの儀式が行なわれるということである。
  その案を、野田首相と内閣首脳がどこまで正しい方向に政治的に戻せるかだが、期待は全くできない。国会もいまの与野党の勢力状態では、「女性宮家」 の危険性が理解されないまま、改正案が通ってしまう可能性がある。園部氏や民主党政権左翼の策略通りの典範改悪となることが十分に考えられる。

  皇室問題はいまや、女性宮家創設→女性・女系天皇容認→皇統断絶への流れに向っていると見るべきである。
  男系の皇統が二千年絶えることなく続いてきた日本の輝かしい歴史と伝統が、一握りの左翼によって無造作に書きかえられるという暴挙が、今まさに始まろうとしているのである。
 聞き取り開始を目前にして、我々はここまで悪い事態を想定しておかねばならないのである。内閣官房や宮内庁の動きを常時厳しく監視していかねばならないのである。

  日本国憲法は一番重要な第1章に 「 天皇 」 を掲げており、その第1条と第2条および、これを承けた皇室典範 第1章 第1条によって、天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴の地位にあって、その皇位は皇統に属する男系の男子がこれを世襲し継承する、ということを明快に謳いあげている (注1,注2)。
 
これが、天皇の地位と皇位の継承に関する根本概念を表した基本の法であり、日本の国柄の根幹を述べたものである。国民はこれを遵守し、男系で継承されてきた天皇を象徴として奉戴する。まさに日本の出発点である。
  しかるにいま、男系の皇統を縦糸とする日本のこの国柄を、不遜にも変えようとする策謀が渦を巻いており、その渦は日に日に大きさを増している。この現状は、大いに憂慮すべきものである。

  その策謀の当面の主が皇室典範改正の素案づくりを担当する園部逸夫氏ではないだろうか。
園部氏の発言には明らかな隠しとごまかしが入っている場合があり、皇室論に疎い専門外の人間にもそれと察知できるものが多いように思われる。

  「 園部逸夫氏流の詭弁 」

 発言 -Ⅰ- 「 女性宮家は女系天皇につながり、
          男系皇統は終わる  」
 
  これが園部氏の本音であり狙いである。
<  夫、子が民間に留まるわけにはいかないから、歴史上はじめて皇統に属さない男子が皇室に入る。男系皇統は終わる。女性宮家は将来の女系
天皇につながる可能性があるのは明らか > だ と自ら明確に女性宮家の本質を白状している (注3)。

 発言 -Ⅱ- 「 皇室の存続こそが第一 」
                   「 女系天皇是非論は横に置け 」

  これが園部氏の隠しであり、はぐらかしである。 
  雑誌 「選択」1月号の巻頭インタビューでの要点を
   下記する (注4)。

  ここで
氏は次のように発言する、
(1) < 皇室の存続こそが第一 > だ・・
         とまず声をあげて皇室尊重を装う。
  そして曰く < 皇統を維持する上での大前提 >は、
(2) < 新たな宮家を創設し、皇族を増やすことが
         先決 > だ・・という。続いて、
(3) < 今は女性天皇、女系天皇の是非論は横に置 >
         け
(4) < 男系女系論争は・・結論を未来の知恵に託す
         というのも選択肢ではないか >
(5) < 将来の状況変化に対応し、その時点で考えら
         れる現実的な制度をとれるようにする > その
       < ために、結論を未来の知恵に託すというのも
         選択肢 >・・だと主張する。

  ここで、
(2)の<新たな宮家を創設>とは女性宮家を創設であり、<皇族を増やすことが先決> とは、女系皇族を増やすことが先決と同義である。そして園部氏は上記(発言-Ⅰ-)で述べた如く、宮家を創設すれば < 歴史上はじめて皇統に属さない男子が皇室に入る。男系皇統は終わる。女性宮家は将来の女系
天皇
につながるのは明らか > であると言い、自ら 「女性宮家で男系皇統は終わる」 と明言している。「女性宮家」 と 「皇位継承問題」 とは切り離しできないことを言っている。
  すなわち園部氏は(2)で自らの本音である宮家つまり女系を主張しながら、他人に対しては(3)で女系の是非は論ずるなと言い、自分は女系に無関心だと装う。手が込んでいる。自分で女系天皇を主張しながら(4)で男系女系論争は未来に託せと男系主張を封じている。これも卑怯であり、自分勝手である。
 勲一等瑞宝章受章の最高裁判事とも思えないような姑息な発言だ。見え透いたはぐらかしであろう。

 発言 -Ⅲ- 「 男系女系論争はもはや神学論争の
                     域に達しており・・  」
                   「 国論を統一することなど現時点では
                     不可能  」
(注4)
  これも園部氏のごまかしであり、はぐらかしである。 

神学論争という意味がわからないが、こういって男系を揶揄したいのであろう。
 ともあれ男系か女系かという論争は、歴史事実がある
か空前か、皇統が維持できるか断絶するか、男系の伝統や正当性に対して女系の正当性とは何か、などを論争することであり、神学とは全く関係がない。
  女系が必然的に皇室廃絶に至ることを隠すために、訳のわからないことを言って煙に巻いているのか、ごまかしているのか。憲法学者らしくもない発言である。
  また男系か女系かは、世論調査など多数決で、これが国論だと決めるようなものでは全くない。国民が象徴として戴く権威付けができるか、どちらが畏敬され尊敬され永続するかである。皇統の真の意味を曲解していると言わざるを得ない。


  皇室を守るという大義名分を声高に唱えて、宮家創設、女性宮家を前面に押し出し、男系皇位継承に関する議論を封殺して、女系天皇を巧みに隠しながら、その先にある皇統断絶を秘かに狙う園部氏の遠謀である。
  百二十五代例外なく続いてきた男系の皇統を無視し、歴史上存在しなかった女系天皇の実現を主張している。
小泉内閣の時と同じで、園部氏の目的が皇統断絶・破壊にあるのは自明だ。天皇皇室を心よく思っていない証拠であり、皇室廃絶を画策していると断言できる。以下に述べる  -園部氏の主張、経歴
について-  でもこれが証明されている。

 
「 女性宮家 」 と 「 皇位継承問題 」 とは
      決して切り離しできない

首相や官房長官は 「女性宮家に絞り、皇位継承問題とは切り離して検討する」 とし、女性天皇の是非には踏み込まないと盛んに言い訳を
している。しかし当の園部氏自らが、両者が切り離しできないことを明言しているのである。(注3) 参照 
首相や官房長官は園部氏の本性を全く理解していないのではないか。

 
前回の有識者会議では園部氏が座長代理として会議を主導し、旧皇族の皇籍復帰を審議もせずに拒絶した。始めからこの問題を排斥する方針であった。
 野田首相はなぜ小泉内閣と同じ過ちを繰り返えそうとするのであろうか。なぜ韓国・朝鮮人への参政権付与を認めるような思想を持つ人物を内閣参与に起用したのであろう。こんな人選はすべきではなかったのである。


  -園部逸夫氏の主張、経歴について-
園部氏は、朝鮮半島生まれの82歳、1999年に退官した元最高裁判事で、その思想や主張は次の経歴によっても自明の通り、極めて左翼的である。反日的と言える面もしばしば見せている人物である。
(1) 皇位継承に関する偏った主張
 男系男子の皇籍復帰を拒絶し、女性宮家→
  女系天皇容認→皇統断絶を画策する
(1-1) 先の「皇室典範に関する有識者会議」では
  座長代理を務め、平成17年に
女系天皇容認、男女
  を問わず長子優先」の報告書を主導して作成した。

 この有識者会議では、旧皇族の皇籍復帰の審議が
  拒否された。

(1-2) 平成16年の参院憲法調査会で、「女性天皇を
  認めることが最もふさわしく、必要だ」と明言した。

(1-3) 日本国憲法では女系・天皇を認めていると
  曲解して主張

皇室典範では男系男子と明記されているが、その“上位法”である憲法では、第2条の 皇位は女系を含む世襲であると曲解した主張をしている。著書「皇室法概論」で不合理な矛盾する主張を行なって
いる。(注5) 
(1-4)園部逸夫氏は、「週刊朝日」の記事のなかで次
  のように語っている (注3)。
「(内親王の)夫、子が民間に留まるわけにはいかないから、歴史上はじめて皇統に属さない男子が皇室に入る。問題はどんな男性が入ってくるか。また、その子が天皇になるとしたら、男系皇統は終わる。女性宮家は将来の女系
天皇につながる可能性があるのは明らか。たくさんの地雷原をさけながら、条文化し、着地できるかどうか。」

(2) 外国人地方参政権付与を容認する少数派判事  
永住資格を持つ在日韓国人らが選挙権を求めて起こした訴訟について、最高裁は平成7年2月に「参政権は国民主権に由来し、憲法上日本国籍を有する国民に限られる」との判決を出した。しかし園部氏は本文と関係なく、法的拘束力もない「傍論」で、在日外国人に地方参政権を付与することは「憲法上禁止されていない」との判断を示した。
これが民主・社民などの外国人参政権付与推進派を勢いづかせるものとなった。しかしその後氏の言動はフラフラしており、傍論は朝鮮人をなだめるための政治的配慮であったとか、自ら肯定した外国人参政権に否定的な発言をするなど、断固たる信念は見られない。

(3) 歴史事実と異なる 朝鮮人の
       “ 強制連行 ”を主張

園部氏は在日韓国・朝鮮人には朝鮮半島から“強制連行”されてきた人達が“大勢いる”と主張する。日本政府はこれについて、昭和34年の調査によって、徴用労務者はいたがわずか245人であり、当時61万人だった在日韓国・朝鮮人の殆どが犯罪者を除き自由意思で残留した者とその子孫であるとの調査事実を公表している。にもかかわらず“強制連行”されてきた人達が“大勢いる”との曖昧な語句で、観念的に表現しており判事らしくない合理性を欠く情緒的な発言をしている。
(4) 左翼的な市民派裁判官である
       ・・・住民訴訟の原告適格の範囲拡大につとめた

反体制側の視点から市民の味方をするという、左翼的な市民派裁判官というべき人物だ。門前払いにするような判断は、裁判所としてはやめるべきと主張し、住民訴訟の原告適格のワクを広げた。
「長沼ナイキ訴訟」(1969年提訴)では、付近住民が訴訟を起こせる仕組みはないかと探し、関係の法律に保安林について、利害関係者の利益を守る法律があったのを発見し、その法律をもとにして厳密に原告適格を認めたという恣意的な裁判行為をしている。
「もんじゅ訴訟」(85年提訴、92年上告)でも、原発からどれくらい離れていれば訴えの利益があるか、原告適格があるか、という論点について、原告適格を広く認めた。 


  園部氏まとめで今度提案される素案の内容を
  悪いケースで以下に予想しておく。 十分に起こり
 うる内容であり、次のようになるであろう

 
(1)皇籍離脱を余儀なくされた旧皇族の皇籍復帰は
      置き去りとなり、議論から除外される。
     皇統断絶を未然に防ぐ唯一の手段であったが、
     これが
拒否されて、皇統は危機にさらされる。
(2)女性宮家の範囲には天皇の子、孫のみならず、
      現皇族の女子も含められる。
(3)女性宮家は一代限りとはしない
(4)女性皇族の夫や子供も、男女の区別をせず
     皇族に含められる
  すなわち、女系皇族誕生であり→女系天皇への
  道が開かれる。


これで、史上に存在しなかった女系天皇が容認されることとなり、園部氏の策謀するところとなる。事態は重大な局面を迎える。
従ってその時は、
 (1)女性宮家創設が実行に移されないようにあら
        ゆる手段で阻止していかねばならない。
 (2)置き去りにされている旧皇族の皇籍復帰のた
        めの運動に全力を投入しなければならない。

おわりに
今後、男系対女系の情報戦争にも勝っていかねばならない。
そのためには
       男系男子護持勢力の結集が必須である。
       男系皇統護持派よ奮励努力せよ!
       男系男子で結集し粉骨砕身して頑張れ!


注1 日本国憲法 第1章 天皇
 第1条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合
      の象徴であつて、この地位は、主権の存する
             日本国民の総意に基く。
 第2条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決し
             た皇室典範の定めるところにより、これを
             継承する。
注2 皇室典範 第1章 皇位継承

 第1条 皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを
             継承する。

注3 「内親王家創設を提案する

   ー 園部氏の発言  「週刊朝日」 2011年12月
      30日号   朝日新聞岩井克己記者による記事
「(内親王の)夫、子が民間に留まるわけにはいかないから、歴史上はじめて皇統に属さない男子が皇室に入る。問題はどんな男性が入ってくるか。また、その子が天皇になるとしたら、男系皇統は終わる。女性宮家は将来の女系
天皇につながる可能性があるのは明らか。たくさんの地雷原をさけながら、条文化し、着地できるかどうか 」

注4 『 皇室の存続こそが第一
           雑誌「選択」 2012/01/01発売号 (1月号)   
          連載 〈巻頭インタビュー〉 園部逸夫

「-『女性宮家創設』の是非が世上を騒がせています。
園部 この問題を議論すると、すぐに女性天皇、女系天皇の是非について議論が飛び火してしまうが、今はそれほど神経質になる必要はない悠仁親王殿下がお生まれになって状況は変わった。問題は、このままでは確実に皇族が減っていく、ということだ。男系男子で皇統を継いでいければ伝統にかなうことになるが、それが現実的に可能かどうかを多角的に考える必要がある。議論の最初から女性天皇、女系天皇の議論と結びつけてすべて否定してしまえば、皇族の減少により皇室そのものが消滅しかねない」 
「皇室は天皇陛下を中心にご一家が一体となって国や国民のために多くの活動をなさっている。そうしたご活動を通じて皇室と国民とのつながりが維持され日本がまとまっている。この大切な皇室の存続をまず考えるべきだ」
「いわゆる男系女系論争はもはや神学論争の域に達しており
どちらかで国論を統一することなど現時点では不可能に近い皇室の存続こそが第一とするならば今は女性天皇、女系天皇の是非論は横に置いてまずは新たな宮家を創設し、皇族を増やすことが先決ではないかそれこそが皇統を維持する上での大前提だ男系女系論争は、将来の状況変化に対応し、その時点で考えられる現実的な制度をとれるようにするために、結論を未来の知恵に託すというのも選択肢ではないだろうか」
「今は現に皇室にいらっしゃる方々のことを真剣に考え、皇室存続のため優先すべき制度改正にまず取り組むべきだ。そしてさらに、将来、女性天皇、女系天皇を戴くのか、あるいは旧皇族に復帰願うのか、現実的かつ具体的に議論すべきだ。神学論争に決着がつく前に皇室の存続を危うくなってはならない

注5 憲法の「世襲」は「男系男子」と解するしかなく
        これが唯一に正しい。   園部氏は女系を含む
        「世襲」であると曲解している
        -中川八洋著 『 女性天皇は皇室廃絶 』
        第四章“皇室典範の解体”による天皇制廃止
        第一節 P.116-129 -
< 憲法が世襲と定めていることの背景にはわが国の歴史及び伝統がある。歴史上、皇位は男系により継承されてきた。憲法の「世襲」は「男系男子」と解するしかなくこれが唯一に正しい> と明快に詳述されている。 ・・・しかるに園部氏は、憲法第2条の皇位は女系を含む世襲であると曲読する。中川氏は園部氏の考え方を斬り捨てている・・・ 

|

« 国旗・国歌起立斉唱-大阪府と市の条例推進は当然だ | トップページ | 男系男子以外にはない皇位継承 »

政治」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事