« 国旗・国歌の起立斉唱は強制とすべきだ | トップページ | W杯なでしこ優勝の感動と日の丸の誇り »

宰相の器でない 資質も欠く 醜悪な日本の指導者

総理の資質を欠く醜い指導者しか持てない日本は 「最大不幸社会」 の国と云われてもしかたがないのではないか。政治も経済も行き詰まっている。そうさせた有権者の自業自得だと云えばそれまでだが、日本のこの閉塞状態がなんとも悔しく残念である。

菅直人氏は史上最低の首相だと云われる。見るに耐えない往生際の悪さ、品格を欠く不誠実な振る舞いなどからもまったくその通りだとしかいいようがあるまい
。およそ総理にふさわしくない彼の卑しい人間性は、まさしく日本の恥さらしである。
私利私欲や政局ばかりを謀り
、自らを国に捧げてこの国難に立ち向かおうという気概は、毫も見られない。
内閣発足当初は、” 「第3の道」を目指す菅内閣は日本初の社会民主主義政権だ ” などと
はしゃぎたてられたものだが、これも笑止千万であった。

菅直人氏本人のマイナスイメージとともに、氏の 「 最小不幸社会 」 は、日本に敗北的な負のイメージを与えてしまった。この国にマイナスのイメージを持つ人が圧倒的に多いことが、その後の世論調査でも示されている通りである。

-最高指導者に求められるもの-
日本の最高指導者に求められる最も大切なものとは何であろう。
国民の安全と生存のために、日本という国家をどのような国にすべきかという大局的な構想を持ち、その構想に向かって国民を強力に引っ張っていくリーダーシップではないか。こういう構想はまさしく国家観であり、哲学あるいは歴史観ともいえるものだ。 

安全とは安全保障のことである。日本の主権を守りぬく外交を行い、領土・領海・EEZの安全を確保する。自国の燃料・水・食料などの資源、国民の財産・生命・生存を外敵から
守る。経済を成長させ、日本人すべての安寧・幸福を追求し、日本を国家として大きく発展させて行く。
我々が最高指導者に求めるものとはこのことである。憲法の前文にも 「 安全と生存 」 という言葉がある通りだ。
この構想を実現するために指導者には、人格と見識、確固たる信念、気概、強靭な意志、そして統率力と実行力が必要なことはいうまでもあるまい。

-国家観や哲学にまったく無縁の 次元の低い保身者-
残念ながら菅氏には指導者として必要な、このような資質や素養が欠落している。その器でもない。メディアにも 「 我慢ならない史上最低の首相 」 と云われて当然である。
氏は国家観や哲学などに無縁なばかりか、国益を守りぬくという情熱が全く見られない。念頭にあるのは、自己の政権担当期間をなんとか伸ばしたいという低次元の保身だけだ。全く残念なことである。
国家観や哲学がないということは、”日本初の社会民主主義政権”だとか”実力だけで出世した市民運動政治家”だなどともてはやされる以前の根本問題だ。東日本大震災や福島原発事故処理のもたつきも大きな失政であった。外交でも日本の国益を害することばかりであった。
野党指導者としての気楽な立場から、”舌鋒鋭く”政府を非難することがかれの十八番であり、それ以外に存在意義はないことがばれてしまったのである。

-指導者のレベルと主権者・国民のレベル-
国の指導者のレベルは、それを選ぶ主権者・国民のレベルで左右される。今日本の”最高指導者”が演じる”最低のドタバタ劇場”を見れば、政治家を選んだ我々有権者のレベルがはし無くも暴露されており、国民としてこれ以上恥ずかしいことはない。
国の政治を任せられない、資質・能力のない外見だけの政治家をつくらないようにすることが真に重要である。我々主権者はこのことをあらためて認識しなければならない。

菅氏の”思想・信条”と”業績”を以下にまとめておく
   -”業績”は国益を害するものばかりであった!-

「Ⅰ」 菅直人氏の思想的背景と信条、本音・本性
--社会市民運動出身の左派リベラル派--
出だしからの人脈は市川房枝、江田三郎など。市民派の政策通、薬害エイズで名をあげ新党さきがけに入党、村山連立政権で同党政策調査会長。橋本政権厚生大臣。

(1) 天皇・皇室観

氏の皇室観は、日本人の皇室への敬愛の情から大きくかけ離れており、日本の象徴たる天皇を嫌悪している。

・昭和天皇は退位すべきだった ( 平13年発言 )
・「 ご在位二十年記念式典 」の陛下ご臨席の場で居眠り
   (平21年11月)
・「天皇主権時代の国歌」と主張 ( 国旗国歌法案採決時 )

(2) 国旗・国歌観

     一国の総理が「国旗」を嫌い「国歌」に反対する-
     日本がそんな国であっていいのか

・国旗国歌法に反対票を投ず(平11)
・新閣僚会見時、国旗に敬礼せず(平21・9)
・国歌斉唱時に起立しようとせず歌わなかった。
「ミッキー安川のずばり勝負」のラジオ日本出演者記録あり
(平成14年5月31日)
「君が代は歌いたくないと言った」と平沢勝栄氏から追求され、色をなして反論、しゃにむに否定。『えっ、なに、国歌を歌うの。おれ歌いたくねえんだよな』 といって--」(平成22年8月23日新聞)

 
(3) 自虐史観
  もともと自虐史観丸出しの左派リベラルが菅氏の本性だ
・「新しい教科書をつくる会 」 は国粋的な思想政治団体だと発言
  (平13)
・”南京大虐殺遭難者同胞記念館”を夫妻で訪問、

   花輪とお詫びをした   (2002・5・5)
・河野談話につき慰安婦問題で、安部首相を非難
・拉致犯の釈放嘆願書に署名。彼の本心である。北朝鮮への
  今の本心はどうか
・日韓併合100周年謝罪談話 : 事実誤認で日本を著しく貶めた
・日独交流150周年記念決議として、日本とナチスドイツの歴史を同一視するかのような決議を強行採決した

(4) 外国人参政権と朝鮮学校無償化
      日教組が支持母体の民主党党首
・外国人参政権賛成
・朝鮮学校無償化を狙った
・韓国人からの104万円の違法献金
・教育を荒廃させた日教組が支援する民主党のトップである

(5) 国益を害した屈辱外交
  親中反米で生きてきた。普天間など、本心は国外基地
尖閣諸島漁船船長屈辱釈放ビデオ公開できず
北方領土やられっぱなし。メドヴェージェフの北方領土訪問を許し放置した

竹島になんら抗議できず
・菅・胡錦濤会談:膝を揃えてメモ読み、胡主席が不機嫌にソッポを向いた写真こそ日本屈辱外交の象徴だ

(6) 日米同盟・沖縄観
    「反米リベラル」 がもともとの氏の本音だ
・海兵隊は沖縄にいなくても、日本の安全保障に支障はない。米領内に戻ってもらうべきだと発言(平13)
・野党時代、普天間に関する発言を徹底避けた
・副総理・国家戦略担当相時、政権交代直後の’09年9月、喜納昌吉参院議員(民主党沖縄県連代表)に対し、「基地問題はどうにもならない。もうタッチしたくない」「もう沖縄は独立した方がいい」と言い放っていた。嘉納氏の新著で明らかに

「Ⅱ」 信念を平気で曲げころぶ、変節・変心
      -転向は見事だが本物か-

信念・信条を保身のために平気で曲げる二枚舌、弁解内閣、逃げ菅と云われる。 政権が目前に近ずくにつれて、それまでの主義主張から大きく転向・変身した発言が増えた。恥じを知らぬ日和見主義者だ


・国旗国歌への変心 : 現在は総理会見時、国旗に最敬礼している。 「国旗は大好きだし、国歌も決して嫌いではない。今は常に国旗があるところではきちんと敬意を表し、国歌斉唱もしている。」 と弁解(’10・6・14)
・衆院予算委員会で、平沢勝栄氏に色をなして反論。「小中学校の時代から、国歌を斉唱しなかったとかそういう態度をとったことはない。そんな行動を取るはずがない」と強調した。
・副総理・国家戦略担当相だった昨年末、日米関係について180度転換、
 「 政治的には日米同盟が果たしてきた役割は大きかったし、これからもアジア、世界の安定のために、最も重要な関係だ 」 と述べている。
民主党では小沢・輿石・山岡氏らが、日米中の関係は対等であるべきだとする 「 三角形論 」 を主張している。これら小沢派の考え方とは違うと言い始めたのだ。 本心で言っているのであれば、見事な転向である。

・副総理になるや「日米同盟は最も重要な関係だ」と言い出した。
(TBSの正月用番組収録(2009・12・28)
・普天間発言「海兵隊を含む在日米軍の抑止力は安全保障上極めて重要」と発言--村山総理も、日米安保破棄の考えを変えたと言い訳した ('10・6・15)

「Ⅲ」 無策で成果ない菅政権、人気取りの思いつき
         発言、一人芝居、口先だけの提案

・成果なく「有言不実行のまま退陣か」
枝野官房長官が
「この1年で飛躍的に大きな成果を上げたとはなっていない」と実績の乏しさを認めた
・「有言実行内閣」を掲げたが実行できず。税と社会保障の一体改革や、環太平洋経済連携協定(TPP)参加の検討、議員定数削減など、目標や政策はどれも道半ばで、具体的な成果も乏しく、“有言不実行”のままの退陣となろう
・消費税上げはのろしだけ
・騎兵隊内閣 高杉晋作と軽くいう
・自然エネルギー20% : 事前検討なく根拠軽薄で誰にも相談しない思いつきだ
 BLOG「《次の時代》(1) : 私と風力発電」首相官邸の6月7日号に自然エネルギー20%を掲げたのは何故かを書いている。首相がOECDの記念大会で表明した自然エネルギー20%の根拠がこんな軽薄なものであったかと愕然とさせられる内容だ。ブレインもおらず、エネルギー基本計画策定の事務局である経産省に全く相談しないで、管氏が勝手に発表したもの。
OECD表明の後に海江田経産大臣の記者会見のニュースが流されたが、事前に全く相談がなかったことを明言していた。

「Ⅳ」 
大震災・原発対応の過剰反応ともたつき 
         「注水釈明」で官邸迷走、首相の判断ミス
・原発事故はそもそも、首相の対応のまずさで事態が悪化した
・「東電は100%つぶれる」「東日本がつぶれる」とヒステリックに喚いた自称原子力精通者。部屋の外にまで響き渡る声で幹部に怒鳴った。「日本の最高指揮官が現場に行って実情を知悉しないまま発言するのは差し控えるべきだ」と指摘される。 首相の訪問直後に、2号機で大きな爆発が発生した。2011年3月17日

浜岡停止 思いつきの人気取り で勝手に発表。
浜岡原発停止要請は「政治判断だ」と、政権の都合で科学者の助言をゆがめたり、意図的に排除したりしている。専門家や関係者に全く相談せず思いつきで発表したもので、政治と科学の健全な関係が阻害されたということだ。
・発電・送電分離案の言葉が歩き出している。

「Ⅴ」 国家破産させた 経済無策の一年
・消費税上げ発言がブレブレ。国債格付け下げ
・税と社会保障の一体改革 : 消費税率を「自民党提案の10%を参考にしたい」と唐突に提案して国民の不信をかい、参院選で惨敗した。内閣改造では、野党の与謝野経済財政相を思いつきで入閣させた。
・環太平洋経済連携協定(TPP)参加 : 「平成の開国」を掲げたTPPの交渉参加問題でも、調整不足のまま「参加を検討」と後退表明。「国内農業が打撃を受ける」と批判が噴出すると及び腰になり、参加是非の判断を先送りしたが、震災の影響で再びずれ込んだ。


「Ⅵ」 人間性の問題  
(1)人間として不誠実。私心があり、リーダーに必要な品格と見識を欠いている。日本の指導者として不合格だ。

鳩山前首相が約束が違う、ペテン師だ、国民を愚弄する詐欺師だと非難した。不信任決議案の採決前に退陣の意向を表明しながら、否決された途端、約束を翻意して、年明けまでの長期間、政権を維持する意欲を示した。詐欺師と言われてもしかたない姿勢は国民を愚弄している。

(2)菅氏の存在そのものが悪であり、「人災」 だと云われてきた。政権に居座れば、内政・外交は停滞し、国益を損なう。与野党の連携も妨げられる。
(3)スピード感を欠き、無責任。日本が直面する課題は震災対策以外にも社会保障、外交・安保など山積している。

菅氏をやめさせ、政治体制を根本から立て直さなければ、日本を覆う閉塞感を打破し、国民の政治不信を解消することはできない。


参考資料 :
菅直人氏に関する 天上大風のブログ :
『 指導者に 求められるもの    (10年1月26日付) 』
『 思想信条を変える菅新政権 (10年6月  7日付) 』
『 尖閣諸島 最悪の屈辱外交 (10年9月26日付) 』

|

« 国旗・国歌の起立斉唱は強制とすべきだ | トップページ | W杯なでしこ優勝の感動と日の丸の誇り »

政治」カテゴリの記事