« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

尖閣諸島 最悪の屈辱外交

官房長官による売国外交と言いたい。天上大風が一番心配していたことが起きてしまった。
今回の中国人犯人釈放は、日本国民を落胆させる最悪の決定であった。取り返しのつかない愚かな決定をしたものだ。
領海侵犯を犯した中国漁船船長を実質無罪釈放してしまったのである。圧力に屈し、日本の恥じを世界にさらした。中国の尖閣領有を黙認することになる取り返しのつかない決定だ。検察の独自判断というが、検察が高度な政治判断をするわけがない。米国の要請が
あったという報道もあるが、明らかに腰抜け仙石氏の暴走である。

領海侵犯も問えない日本は法治国家を捨てて、中国以下の人治国家に成り下がってしまった。
日本国民の腹の虫がおさまることはないだろう。日本人としてほんとうに悔しい。

続きを読む "尖閣諸島 最悪の屈辱外交"

|

中国 品格を欠く信義なき国

  -紛争の原因はすべて日本だと強弁する中国-

尖閣諸島の領海侵犯で、強請とも言える中国の大げさな脅しが続いている。大使の呼びつけ、ガス田交渉の延期、要人の訪日や首脳会談の中止などだ。
人民も興奮し反日行動に走った。
中国では政府もメディアも世論も、いまだに
巡視船が漁船に衝突し不法勾留したと、事実とは全く逆のことを言っている。

またかと笑いたいが、我が民主政権はこれに屈してはならない。衝突時のビデオを公開し、中国を黙らせるべきだ。腰砕けになって軽犯罪だけで放免することのないよう天上大風は切望する。筋を通せば日本国民の政府への評価は間違いなく上がるのである。

中国の圧力で日本の司法はどうにでもなると思っているのか。日本が法治国家であることも理解できないらしい。

続きを読む "中国 品格を欠く信義なき国"

|

誇るべき日本人の道徳と素養

日本人は今、自信をなくしているといわれる。しかし日本には誇るべき財産があることを忘れてはならない。長い歴史を通じてひとりひとりが身につけてきた道徳観念や素養であり、他国に比類ない素晴らしい精神文化だ。

このような財産を大切に守り育てていけば、日本の再起発展につながっていくと信じる。閉塞感漂う今こそ、日本人が道徳や素養という基本に帰って覚醒すべき時ではないだろうか。

続きを読む "誇るべき日本人の道徳と素養"

|

朝日は尖閣諸島も譲りたいのか

尖閣諸島は領土問題ではなく、日本の領土である。

朝日は尖閣諸島を日中いずれの領土だと考えたいのであろう。
竹島を韓国に譲ったらどうかと書いたのは朝日であったが、同じように朝日は尖閣諸島も中国に渡したらどうかと考えているのであろうか。
だとすればこれ程売国的な新聞はなかろう。天上大風がそう思いたくなるような、きょうの朝日の社説であった。

尖閣諸島が日本の領土であることは、歴史的にも国際法的にもあまりにも自明だ。
1895年、明治政府が日本の領土に編入して以来、異議を唱えてきた国はどこもなかった。サンフランシスコ平和条約(1951年調印)でも、日本が放棄した領土には含まれていない。石油や天然ガスが近くに埋蔵されていることが明らかになった直後、70年代初めになって中国や台湾が突然、尖閣の領有権を主張し始めた。また1992年には中国は一方的な領海法で自国領に編入した。
しかし中国の領有権の主張に無理があるのは明らかだ。

続きを読む "朝日は尖閣諸島も譲りたいのか"

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »