安倍晋三 自民党新総裁に期待する

  今の日本で考えられる最適の指導者が現れたと見てよいであろう。日本を取り戻すにはこの人しかいない という指導者である。
  国家的な危機を克服し日本の誇りを取り戻す、最高指導者にふさわしい志の高い政治家ではないか。

  安倍晋三氏が自民党総裁に返り咲いた。党の史上初めての総裁再登板となった
保守の高い理想・理念を掲げ、確固とした国家観・歴史観を持った指導者といえるであろう。
  日本がまさに日本を取り戻す、日本にとって絶好のこのチャンスを逃してはならない。ここは先ず政権を奪還し、自民党自身が派閥の論理や長老の圧力を排し一丸となって新総裁を支援していかねばならない。
 外に目を向ければ、足を引っ張ろうとする反対勢力のすさまじい攻撃も待ち受ける。どんな誹謗中傷にも屈してはならないのである。

 

  安倍新総裁は両院議員総会で 「 強い日本をつくっていく。日本人が日本に生まれたことに幸せを感じる、こどもたちが日本に生まれたことに誇りを持てる、そういう日本をつくっていくために、私も全力をつくしていく。政権奪還をめざしていく 」 と決意を表明した。
  総裁就任の挨拶では 「政権奪還は決して私たちのためでも自民党のためでもない。まさに日本を取り戻す。子供たちが誇りを持てる日本を作っていくためだ」 と強調した。

  次のような抱負も述べた。「 いま日本の領海や領土が脅かされようとしている。長引くデフレ、円高で経済は低迷している。この難局を打開し、強い日本、豊かな日本をつくっていく 」
  さらに総裁再登板になったことについては、「挫折を含めて様々なことを経験してきた。国民の皆様にも本当にご迷惑をおかけした。その責任は大変大きく、総裁選に勝利したことで消えるわけではない。この経験を胸に刻みつけながら、すっかり健康を回復したので、この難局に立ち向かっていきたい」 と。


  政権奪還後の安倍内閣発足を予想して、今から準備を徹底的にやっておく。これが新総裁の仕事である。
     ー失敗を反省し、長期政権維持のために
        これを活かすー

  先ず長期政権を目指す安倍氏自身の健康診断に万全を期すことだ。健康維持のための予防医学的バックアップ体制である。
  さらに身内や秘書官など官邸内のガバナンスの欠如、「お友達内閣」と云われ閣僚の相次ぐ不祥事などで支持を失った前歴に対する猛省がなければならない。

 
政権奪取までの「影の内閣」、強力な参謀本部と情報本部、ストレートに助言のできる真の味方の集団をつくることが求められる。
  「慰安婦」や「靖国参拝」などでの中国や韓国、国内左翼からのすさまじい攻撃をかわし、マスコミの誹謗中傷や挑発に過剰反応せず、したたかに処理して行く。背中から撃ってくる朝日新聞などのジャーナリズムも撃退できるような、眞の身内を固めておくことも必要であろう。

  困難な外交問題も強さとしたたかさでバランス良く処理し、国益を守りながらエネルギーの消耗は最小限に抑える。 「靖国参拝」や「慰安婦談話の修正」は、あせらずタイミングを見て!
  「靖国や慰安婦」の問題解決だけが日本の名誉復活のゴールではない。国家的危機に直面している今の日本にはもっと先に処理が可能な大切なこともある。日本にとって大事なこと、やれることを先ず行なってからであろう。

» 続きを読む

|

«「石破総理」で日本の誇りは大丈夫か -- 自民総裁選(2)